09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

チャート・・・(株式投資) 






チャートは、研究すればするほど奥深く、かつ何種類もある。



多くの人が参考にして、利用価値があるチャートを見ることが大切。



あまり研究しすぎても、それが仇になり、チャートだけで運用するとなかなか利益にならない。




必ず、買い銘柄も売り銘柄も運用家はチャートを見るが、

それは株価の位置とチャートの形の確認だけで良い。











情報、業績、材料などから銘柄が入手された時、最後に必ずチャートを確認する。



日足を見て、短時間で判断する。



ときに、数秒で判断しなければならないとすれば、難しい見方をしていては意味がない。



狙えるか、狙えないか、瞬時に判断できるようにしておくこと。








経験を積んでいき、

このような形の株は上がらない、狙えないというものをしっかり頭に入れていき、

日ごろのトレードの中でマスターしていく。






このような業績で、

このような材料なら、

このチャートであれば確率高く上がる。






そのような組み立てをプロたちはしている。


必ずチャートは確認する。


分足はもちろん重要だが、基本的に日足は見るようにする。


チャートがあまりにも荒いものは、どんなに良いと思っても買いを避けることが多くある。






複雑に考えないで、チャートについては形で見分けていくこと。

それだけで充分。







多くの人がチャートを見て判断していることも現実。


チャートは 人々が 好む線 か 嫌う線 なのかを判断すれば良く、


シンプルに考え組み立てることが大切













使いたいチャート



 ・上昇に勢いがあり陽線だらけで勢いを感じるもの。

 ・右肩上がりで規則的に浮上してきたもの。

 ・下降トレンドが一度底値をみて反発に向かうもの。

 ・前回の高値を奪回してブレーク、もしくはブレーク寸前なもの。
 
 ・ボックス相場から抜け出して上抜けてきた寸前の株。

 ・調整しても前回の安値を下回らず反発に転じた株。











避けたいチャート



 ・上髭が長い天井感が強いチャートとなったもの。

 ・一気に足の長いチャートをひいたもの。
 
 ・下降トレンドにあり、右肩下がりのチャート。
 
 ・窓がいくつもあいて、上下激しい動きとなっているもの。

 ・乱暴な動きになり、波乱必至と思われるもの。











category: ひとりごと

thread: 投資日記

janre: 株式・投資・マネー

tag: 株式投資 
Posted on 2010/11/27 Sat. 06:21  edit  |  tb: 0   cm: -- 

トラックバック

トラックバックURL
→http://nowmoney.blog105.fc2.com/tb.php/3150-88abfddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。